お金借りるならどこがいい

お金を借りるならどこがいいのか?

カードローンやキャッシングでお金を借りるなら、今はどういった所から借りるのがベストな選択なのでしょう?
これには金融機関に関する法律や規制が深く関係しているのですが、特に考慮に入れるべきは2010年6月に導入された総量規制です。
総量規制の内容で利用者に大きく影響したものとして「年収の3分の1までが借入可能で、それ以上は原則として不可」「無収入の方は借入不可」「50万円以上など金額が大きい場合は収入証明書の提出が必要」といった制約です。
これにより、借りる側は借りづらくなり、事業者側も融資が伸びずに倒産する会社が出て来るようになりました。
総量規制の対象と成るのは貸金業法が適用されるアイフルなどの消費者金融のカードローン会社で、現在ではこういった金融機関は審査が通りづらくなっているという声も挙がっています。
そこでお勧めなのは銀行が直接運営するカードローンです。例えば三菱東京UFj銀行ならバンクイックというカードローンがこれに当たり、銀行法という法律が適用されているため総量規制と無関係のカードローンになっています。
ですので、当然総量規制にあった年収による限度額の制限がありませんし、無収入の専業主婦の方でも30万円の限度額までなら借りる事が出来ます。
且つ、100万円以下の借入までなら収入証明書の提出も必要ありません。
銀行というと堅いイメージがありますが、現在では消費者金融よりも銀行カードローンの方が総量規制の関係によって審査に通りやすくなっていると言えます。
さらに、当然消費者金融系よりも金利が安くなっています。
某大手消費者金融は100万円の借入に対して18%の金利が掛かるのに対し、バンクイックは100万円に対して12.6%の金利です。
こういった点からも、総量規制導入後に銀行はカードローンの顧客を増やし続けていますし、利用者の満足度も高いものとなっています。
また、バンクイックの良い点として在籍確認への対応が柔軟である事が挙げられます。
そもそも在籍確認は勤務先への電話連絡が必要不可欠といったワケではなく、在籍を証明出来る書類などを提出する事で電話連絡などを省いて審査を進める事も出来ます。
これに対応しているかどうかは金融機関によって様々なのですが、バンクイックは場合により対応してくれると利用者の方から好評を得ています。
このように、現在では金融機関によって審査の通りやすさから金利まで相当な違いがあります。
ご自身の状況に合わせて、最適な金融機関を選択する事をお勧めします。

属性スコアリングで重要視されるもの

カードローン申込時に必ず受けなければいけないのが与信審査というものでありますが、実際にどのようなことが行われているのか知っているという方は比較的少ないのではないかと思います。
カードローン審査の中身を少しでも知っていることで注意すべき点が見えてくるようになってきますので、融資を申し込む前にしっかりとチェックしておくということも大切になってくると考えられます。

最近の与信審査においてはコンピュータを活用した属性スコアリングシステムが活用されるようになっていますが、この際に属性と呼ばれる個人の信用情報が数値化されてトータル的に返済能力を審査するということになってくるのです。
属性は年収や勤務形態さらには家族情報、借り入れ履歴など多様なもので審査されるということになります。

PAGETOP
Copyright © お金借りるならどこがいい All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.